dutcheez’s diary

通勤電車で英語の勉強をしよう!

Google カスタム検索

3.6 もしも僕がJR西日本 (アーバンネットワーク) の英語放送文を作成させてもらえるのなら

観光需要を喚起する意味も含めつつ, JR西日本の都市圏主要路線(京阪神・広島)に路線記号が導入されました。2014年8月6日のプレスリリースに記載されています。
 
 
この記号の振り方が秀逸で, 僕はすごく感動しました。
 
A:JR西日本の稼ぎ頭のひとつ, 東海道山陽線を中心とした路線
B-K:北から順にAと接する路線 (将来予定を含む)
 
O:大阪市内の動脈のひとつ, 大阪環状線。輪っかだからO
P-S:Oから分岐する路線を形で表現
U:形
W:和歌山の頭文字
 
関西空港線の “S” なんて最高にうまくできています。内回りから天王寺でぐにゃっと回り, 日根野で見事にS字カーブ完成・・・。誰が思いついたのだろう。敬意を表したく思います。SはニューヨークなんかではShuttle (シャトル列車) の記号で使われるようですが, 確かに日根野-関空間のシャトル列車にも対応可。
 
桜井線の “U” なんてのも形そのままでなかなか好き。
 
唯一残念なのは, 慣れ親しんだ片町線の黄緑色がなくなり, 東西線のパッションピンクに染められてしまったことかな。
 
 
 
看板・表示が順次置き換わる中, 英語と列車が好きな僕は
どうしても「音声案内どうなるんだろう」と気にかけてしまいます。車掌さんの肉声も好きですが, 自動音声化の波には勝てないような気がします。
 
山手線の案内の声をそのまま大阪に導入して欲しくない。
関西人のプライドが許さない・・・のも理由のひとつとしてはありますが, 主な理由はこれまで記載させていただいた通りです。
従来の放送は文章が不自然だ!
 
 
大阪環状線への新車導入 (323系), 駅リニューアルが完了を迎える頃には自動音声が導入されているといったところでしょうか。恐らくはもうプロジェクトは始まっていて, 誰が自動音声を担当するのかっといった話も大詰めを迎えているのでしょう。
 
 
大幅にお金をかけて設備をリニューアルするのに合わせて, 
読み上げる英文もぜひカッコよく, ガラッとリニューアルして欲しいものです。
お決まりのいらつく構文 “We will be making a brief stop at” はこの際おさらばしたい!
 
そこで。
 
英語が大好きな僕の登場(何様 ww)
 
放送を担当した経験はひとつもないけれど, 
文章を書き, 読み上げることくらい
ブログとYouTubeを使えば誰でもできてしまう時代じゃないか。
 
せっかくの機会だから, 放送の上手い人達による完成品が出来上がる前に,
自分のバージョンを作ってみたい!!そんな気持ちになりました。
 
あわよくば採用し(ry
 
いや, 声はどうでもいいから文章くらい見てほしい!
観光客にも関西在住の外国人にも解りやすくするように組んでみました。
 
新快速と環状線の一部だけ作って書いておきました。
JR西日本さん, よろしければご参照ください。
 
 

 

 
JR京都線琵琶湖線 新快速 姫路行き, 山科→大阪↓
 

環状線 内回り, 大阪→弁天町→天王寺↓

↓目次へもどる↓