dutcheez’s diary

通勤電車で英語の勉強をしよう!

5.7 看板編: 前置詞書いたら違和感(京阪電車)

f:id:dutcheez:20150620155053p:plain

 

関西の鉄道会社へのツッコミが多くてすみません。

・生活基盤が関西なので仕方がない
・関東では人が多すぎて看板を撮影している場合ではない

こんな感じでしょうか。大阪で看板の写真撮るのもなかなか難しいことです。
より自然な英語を公共の場に!という目的達成のためには, 自己のはずかしさなど忘れましょう。

 
 
 
 
いずれも京阪 淀屋橋駅。御堂筋線との乗換駅, 大阪の銀行・保険・薬・化学といった業種が一同に集まるビジネス街。大阪の平日の顔です(休日はがらんどう)。東京でいえば大手町のようなところでしょうか。(いっしょにしないで!っていう言葉が聞こえてきそうですが)
 
2008年だったか, 中之島線が開業したのと同時に看板や車両のデザインが一新されました。そのときにつけられた英訳が今回の焦点です。

f:id:dutcheez:20150620155112p:plain

 

上の写真では

         京阪電車 きっぷうりば          
      Tickets of Keihan Railway      

  

(きっぷうりば であって, 切符売場ではないのはなぜでしょうね。外国人に聞かれたら説明できますか?)

 

下の写真では
              京阪電車 西改札口                
    West Gates of Keihan Railway     

 

とあります。何か引っかかりませんか?

 

僕は間にはさまっている   of   が
気になってしゃあないのです。

 

見出しを作っているのであって, 文章を作っているわけではありません。
見出しを作る際, できるだけ短くするために「てにをは」を削ったりしませんか?

 

 

手元にある新聞を例にとると

1万6236人 古都駆ける (京都新聞)

北陸新幹線開業  東京直結 変わる街 (朝日新聞)

と書いてあります。
(現物の新聞定期購読をやめてしまったので, epicなものしか残っていません)

 

抜いていい助詞はみんな抜けています。
抜いたら意味が変わってしまうものだけが残っているように見えませんか?

古都駆けるって書いたら, うーむ。。。と感じる方が多いはず。

 

   京阪電車きっぷうりば     

       京阪電車の西改札口        

 

と書いてある看板を見たら, くすっと笑ってしまうでしょう?

 

 の って何やと。

 

その感覚, 英語でも同じです。
抜いても意味を大きく変えない単語は, 見出しを作る場合は抜いてしまいましょう。

 

1) Keihan Railway Tickets
2) Tickets - Keihan Railway

 

Ticket  に追加して「うりば」を意味する Vendor をつけてもOKです。
仮に有人ならば Ticket Booth でもかまいません。
御堂筋線との誤乗を防ぐ意味合いが強いなら, 1) の方にすると良いでしょう。重要な情報は最初にある方がよいです。

 

Keihan Railway Ticket Vendors
Keihan Railway West Gates 

 

これでええと思います。

 

 

↓次の記事へ↓

↓目次へもどる↓  

 

 

 

Google カスタム検索