Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

dutcheez’s diary

通勤電車で英語の勉強をしよう!

5.2.3 看板編: 在来線 車端部のボタン(JR西日本)

今回は在来線の車端部のボタン周辺の英訳を取り上げます。
つっこみは赤色部分の1点のみ。
あとは秀逸な訳および表示方法だと思われます。
 
日本語と英語は大体意味が同じで, かつ同じ長さで構成されており, 必要最小限のことが記述されています。緊急時にとっさの判断ができないといけないので, 日本語のフォントの方が大きいことは言うまでもありません。
 
写真ではほとんど文字が見えませんが, イメージだけでもつかんでいただければ。 

f:id:dutcheez:20150705161130j:plain

コンマ数秒で意味を伝えないといけないので, 改行位置にも注目です。
 
(JR西日本  221系・223系 車端部)
急ブレーキにお気をつけください
Caution! Train may stop suddenly.
 
急ブレーキがかかることがございますので
手すり、つり革をおもちになるなど、お気をつけください。
Hold on to pole or strap at all times since train may
stop suddenly.
 
SOS
1: 押す Push
非常の場合 上のボタンを押してください
マイクで乗務員と通話をすることができます
In case of emergency, push the button and
speak to a train crew through the microphone.
 
2: 話す Inform
ランプ点灯後, お話しください
Please speak after the indicator lamp comes on.
 
 
 
非常用
Emergency
Use Only
 
 
フタの中のレバーを手前に引けば
すべてのドアは手で開けられます。
車外に出るときは危険ですから、
乗務員の指示にしたがってくだ
さい。
 
Pull the handle inside the lid to open the
door manually.
Please follow the instructions of the train 
crew when exiting the train.
 
 
SpeakではなくInformとしたところにセンスを感じます。「状況を伝える」というニュアンスがはっきりと出すための, 良い訳です。JR西日本は最近英語に気を配っているのでしょうか, 昔に比べて訳が徐々に上手くなってきた気がします。
 
 
前節5.9.1でも指摘した通りですが,
Informって書いても, 乗務員さん英語話しますかね・・・
Follow the instructions of the train crew といえど, 日本語の指示にfollowすることは 雰囲気でわかっても意味が100%通じないときついだろうな, と思ったり。
 
こういう時は「ほとんどの乗務員は日本語でしか応対できません。緊急時の通話は周りの日本人にかわってください」を意味する英語を付記して欲しいかな。
 
Most crew will respond only in Japanese.
Look for a Japanese speaker around you.
 
 
改行位置について記載しましたが, 文頭には一番重要な情報が来るべきで,
下線部のようにちゃんと重要情報がきています。強いて言うなれば緊急時にPleaseもへったくりもないので, Pleaseはいらないかなぁと。(これはどちらでもよいですが)
 
↓次の記事へ↓
 
↓目次へもどる↓

 
 

 

 
 

Google カスタム検索