Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

dutcheez’s diary

通勤電車で英語の勉強をしよう!

番外編10.3 クリスマスソング歌詞: Joy to the World (もろびとこぞりて)

街で流れているクリスマスソングから 英語を勉強するシリーズ, 第3弾です。

 

*学べるポイント: 2点+α

 

1・女性っぽい名詞 とは

  下線部の her に注目してください

 

2・キリスト教という文化背景

  King, Him, His, Savior 

  歌っていると気にすることはないが, 歌詞に書くと全て大文字から始まる

 

3・古英語 なんで is? hasじゃないん?

 

 

Joy to the world the Lord is come

Let earth receive her King!

Let every heart prepare Him room

And heaven and nature sing (refrain 3 x)

 

Joy to the world the Savior reigns!

Let men their songs employ!

While fields and floods, rocks, hills, and plains

Repeat the sounding joy, (refrain 3 x)

 

He rules the world with truth and grace,

And makes the nations prove

The glories of His righteousness,

And wonders of His love, (refrain 3 x)

 

(筆者訳)

世界よ喜べ 神が来た

地球は神を受け入れたまえ

全ての心に神を受け入れよ

そして天国と自然に歌わせよ

 

 

世界よ喜べ 救いの神が統治した

民に歌を歌わせよ

そして野原, 水源, 岩・丘・平野

全てが歓喜に沸いている

 

 

神は真実と恩寵を持って世界を統治する

そして民に示させる

神の正義の栄光と

神の愛がもたらす奇跡を

 

(ヘタクソな訳ですみません)

 

 

 

 

 

 

<英語でもごく稀に存在を現す, 女性名詞>

 

英語では基本的に名詞を男女中性に分けることはありません。

 

ヨーロッパ諸国の言語に比べると便利だよね!

 

 

けども, 男女別にする片鱗だけはちょろっと見え隠れするものです。

英語では諸言語と似ていて, 大きい・包んでくれそうなもの(?)は女性 という感覚があります。

 

「愛でるべき対象」という意味で女性なのかもしれません。

 

 

日本語で 母なる大地 とかいうのと同じ感覚です。

決して 父なる自然 とは言いません。

 

mother nature, mother earth という表現は日本人にも自然に受け入れられているのではないでしょうか。「大地」「地球」は女性名詞ではないけれど。

 

 

  - 船<ボート>を買ったよ

  - わぁきれい!おめでとう!

 

こんなやりとりの場合はShe とか Her で受け, Itではありません(itでも問題はありません)

her をつけるとより愛情こもっている雰囲気が出ます。

 

  (Looking at a boat)

  - I bought her last month.

  - Wow, she’s beautiful! Congratulations!

 

船を見ながらの会話ならher, sheは船とわかります

そうじゃない場合は買春になるので気をつけてください(ないとは思うけど)

 

 

 

ドイツ語・フランス語でも女性名詞は「なんだか大きいイメージ」があります。

地球・大地 を表すような単語はみんな女性です。

 die Erde (ドイツ語)

 la terre   (フランス語)

など。そしてなぜかeで終わるのが女性なのが多い

 

 

男性は結局は総合的に女性には勝てないのかもしれません(チカラは別として)

 

英語圏ではどちらかといえばaで終わると女性っぽいのですが。言語の男女感はこの辺にしておきましょう

 

 

 

 

<キリスト教とアメリカ人>

 

Lord Him / His King Savior などことごとく大文字になっているのは

すべてキリスト本人を表すから。

 

 

 

宗教に密着した生活など現代日本人からは忘れられつつあるのかもしれませんが

アメリカでは切っても切れない存在です。

 

 

小さい頃にアメリカ人の友人との会話で

 

今日はSunday School なのだよ だからあそべないよ

 

とかいうやりとりが複数回あったのを思い出します

 

 

日曜に学校なんかあるかよ!!

Hey why do you have school today it’s Sunday!! Let’s go out and play!

 

とか何も配慮せずに言い放っていたのが幼少時の日本人の僕。日曜学校の意味を知らず, 日曜日でも「今日遊べるー?」と聞きまくってたのを思い出します。

 

幼少時でも両親が日本人なので, 文化も日本のものを学ぶし, アイデンティティは日本人として確立されていました。(ただし日本語はすらっと出てこなかった)

 

 

 

Sunday School は日曜に教会へ行っていろいろ教えてもらう機会なのだそうですよ。僕はキリスト教徒ではないので詳細は分かりませんが, それでもクリスマスのときくらいは教会に足を運んだ記憶が。

 

 

 

 

キリストを絶対神として存在感を高めることで, 人々が安心感を得る

 

現代の日本には絶対神がいないように思うので, なかなか理解しにくい文化だとは思いますが・・・

 

 

<+α: 古英語 The lord is come>

 

現代英語ではThe lord has come となりますが, 古い時代は is も許容されたようです。

 

Google先生の機能を使うと用法の歴史が一発でわかります。(すごい時代だ)

https://books.google.com/ngrams/graph?content=the+lord+has+come%2Cthe+lord+is+come&case_insensitive=on&year_start=1700&year_end=2008&corpus=0&smoothing=3&share=&direct_url=t4%3B%2Cthe%20lord%20has%20come%3B%2Cc0%3B%2Cs0%3B%3Bthe%20Lord%20has%20come%3B%2Cc0%3B%3BThe%20Lord%20has%20come%3B%2Cc0%3B%3Bthe%20LORD%20has%20come%3B%2Cc0%3B.t4%3B%2Cthe%20lord%20is%20come%3B%2Cc0%3B%2Cs0%3B%3Bthe%20Lord%20is%20come%3B%2Cc0%3B%3BThe%20Lord%20is%20come%3B%2Cc0%3B%3Bthe%20Lord%20is%20Come%3B%2Cc0

 

英語話者の中でも「なんでこれがisなんだ!」と議論になるようですが,

しっくりきた説明がこれ。(説は沢山あると思いますが一つだけ紹介します)

 

「ドイツ語なら今でも “ist gekommen” って書くでしょ」

 

くる, いく系の過去分詞を使うときは, ist gegangen, ist gefahren のように通常英語では has になるようなときも be動詞 (sein動詞) を使うのがルールです。

 

と言っても第二外国語で学んだ知識のうろ覚えで, 教科書なしでは 例文すら書けません(ごめんなさい)

 

他のヨーロッパ言語でも似たようなことがあるのかもしれません。言語学者じゃないので勘弁!

 

 

ドイツ系移民が増えたら, isが増えるのか。。。

確かに上記Google様によるグラフでは第二次世界大戦の戦前から戦後にかけて増えている印象です。

 

なるほどー。Joy to the world は18世紀に作られた曲で, 歌詞は19世紀初頭に出来上がったとか。is comeっていう用法も納得だね。

 

 

ということでJoy to the World でした。次回もお楽しみに!

 

↓次の記事へ↓

 

↓セクショントップへ↓ 

↓目次へもどる↓

Google カスタム検索