Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

dutcheez’s diary

通勤電車で英語の勉強をしよう!

番外編10.7 クリスマスソングの歌詞: O Come All Ye Faithful (神の御子は今宵しも)

映画 Home Alone 2: Lost in New York で

ニューヨーク・カーネギーホール (Carnegie Hall) の上から主人公Kevin が演奏を覗くシーンがあります。その時に流れているクリスマスソングが O Come All Ye Faithful

 

f:id:dutcheez:20151223160936p:plain

f:id:dutcheez:20151223161002p:plain

 

 

古くからある曲のようで, この曲はラテン語版も有名です。

意味がわからずとも歌えますし ラテン語・英語の両バージョンが愛されています。

 

本記事で学べるポイント

ラテン系の名・名詞: 語尾の母音と性が割と結びついている

 

 

 

 

ラテン語・英語ちゃんぽんバージョン。

 

 

<英語> (かっこ内は筆者訳)

O come all ye faithful (忠実な皆よあつまれ)
Joyful and triumphant (うれしい 気分が高まる)
O come ye, o come ye to Bethlehem (みなよベツレヘムへさぁおいで)
Come and behold Him (来て抱きあげて)
Born the King of angels (天使たちの王が生まれた)
O come let us adore Him (3x) (さあ来てかわいがってあげて)
Christ the Lord (神・キリストを)


Sing choirs of angels
Sing in exultation
Sing all ye citizens of heaven above
Glory to God, in the highest
O come let us adore Him (3x)
Christ the Lord

 

讃美歌の一節とのことなので, まだまだ歌詞は他にもあるようです。
いったいこれが何番の歌詞にあたるのか定かではありませんが
よく知られているものだけ記載しました。

Yea Lord, we greet thee born this happy morning

から始まる一節も。

 

いちおう・・・検索したらすぐ出てくる文字列ですが
上記動画のうちラテン語の部分はこんな感じで歌っています。

 

<ラテン語> 中にはæって書いた方がいいところもあるかもしれません。

曲名はAdeste Fideles(あですて ふぃでれす)

 

Adeste fideles laeti triumphantes(あですて ふぃでれす れてぃ とぅりふむふぁんてす)
Venite, venite in Bethlehem (ゔぇにーて、ゔぇにーて いん べすれへむ)
Natum videte, regem angelorum (なーとぅむ ゔぃでーて れーげむ あんげろーるむ)
Venite adoremus (3x) (ゔぇにーて あどれーむす)
Dominum       (どーみぬむ)

 

Cantet nunc io chorus angelorum
Cantet nunc aula caelestium
Gloria, gloria, in excelsis Deo
Venite adoremus (3x)
Dominum

 

ラテン語の大文字・小文字の区別については

http://tutorial.jp/misc/latin/latin.pdf

を参考にしました。人名・地名・文頭は大文字を採用するのが現在の規則みたいです。(そのまた昔は小文字がなかったようです)

Deo は Deus (デウス・(男性の)神) の活用形らしく, いずれも God と同じような形で大文字から始める表記を多くみかけます。女神はDea って言うんだって。やっぱり

a で終わると女性っぽく, oで終わると男性っぽいんだな。

僕の名はa音で終わりますが, アメリカにいた小学生時代, o 音に置き換えて発音してくれるラテン系アメリカ人の先生がいたのを思い出します。僕は「なんでだろう?」としか思いませんでしたが。今から思えば その先生なりの配慮だったのでしょうかね。

 

エルニーニョ(おとこのこ, 語末がo)

ラニーニャ(おんなのこ, 語末がa)

 

末尾の a音 を日本国外で o音 に置き換えた有名人としては・・・ノーベル賞を受けられたこんな方が。

 

名づける際には気をつけましょう・・・とか言っても

命名時にあらゆる方向を気にするのは不可能に近いですけどね。忙しい親御さんならなおさらです。

 

生まれてくるお子さまを国際人に育てたい親御さん, できるだけ

 ・音節を短く
 ・語尾の母音と性に注意して

              名付けてくださいよー

 

 

こっからはどうでもよいつぶやきですけど

TeXやっぱすごい!

しっかしまぁ・・・先ほど挙げた「ラテン語基礎」のpdfすげえわ。

TeX (てふ) というワープロで書いた大作ですね・・・。理系の人間じゃなくてもTeXを使うんだ!

1)文字に飾りをつけやすい(いろんなアルファベットを表示しやすい)
2)章建てしやすくて長文を書くのに章・節番号などが管理がしやすい

といったTeXのメリットを存分に使われています

いろんなアルファベット 例えば Å みたいなってWindowsでは表示しづらいけど
Macならちょっとだけ簡単ですね。

 

iPhoneならアルファベットを長押しするだけで表示できますよ!

アルファベット 長押ししたことありますか? ←

 

ブログの趣旨変わってますやん。。。

 

ネットの世界ではHTMLで文章を書くのと同じで
数式が多数含まれるような論文を書く際はTeXが必須です。(化学系はそーでもないけど)

 

 

さらにどうでもいいですが

はてなブログはHTMLで文章を打てるほか「見たままモード」もありますが
ウェブブラウザの言語設定を英語にしているとこの「見たままモード」は「WYSIWYG Mode」と記載されています。

 

 

脳内では勝手にwhat you see is what you get  と変換されていますがこれでよいのでしょうか 。TeX編集モードとかあったらかっこよく数式が書けるのにな!

(英語も数式も ほとんど仕事では使いません かっこつけてぼやいてすみません)

 

なんかだいぶ話が逸れてしまった!

じ、、次回も懲りずにおたのしみに!

 

↓次の記事へ↓

↓セクショントップへ↓ 

↓目次へもどる↓

 

 

Google カスタム検索