Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

dutcheez’s diary

通勤電車で英語の勉強をしよう!

番外編11.1 Siriで英会話:目覚まし設定 + ありがとう

Siri で英会話

 

iPhoneの Siri と英会話をしてみましょう」企画の第1弾。

 

通勤電車やオフィスでSiriと話していたら白い目を向けられますので
ぜひひとりで・家族でおためしください。

 

イキナリ難しいことを話しかけてもしゃあないので

シンプルに1語から始めてみます。

 

僕が寝る前に毎日話し掛ける単語でもあるのですが・・・

 

 

Alarms?

 

 

 

 

さあ話しかけてみましょう。Alarms? と。

そうです。寝る前に目覚ましリストを呼び出すためです。

 

Siriさんはなかなかうまくできています。

ちゃんと英語っぽく話さないと理解してくれません。

 

 

日本語っぽく発音してみました。

Siriちゃんにはそっけなく, わかんないよ と返してきました。

 

僕「アラームズ」

Siri -Sorry, I missed that.

 

僕「アラーム」

Siri -Sorry, I didn’t get that.

 

「言ってることがわかんないよ」は他に

 

-I’m not sure what you said.

 

がありました。もし何か英語っぽいものを聞き取ってくれても

 

-I don’t know what that means. If you like, I can search the web for it.

(言ってる意味がわかんないよ。それをググろうか?)

 

 

うぬー。

 

ちょっとカッコよく (しかし日本語的に)

 

「アラム」

 

と言ったら・・

 

なんとご丁寧にも

 WikipediaAutumn を調べてくれました。

Autumn - Wikipedia

 

めでたくちゃんと 英語っぽく Alarms? と発音できたら

 

-You have fifteen alarms.

-Here are your fifteen alarms.

 

などと 設定している目覚ましの数を返してくれます。

あとは好きな時間のアラームをオンにするだけ。簡単。明快。

 

f:id:dutcheez:20170205154415p:plain

 

なんで15個か?

→使っているうちに15個ぐらいが適当だとわかった。別に13でも14でもおっけー。

5時台に4つ 6時台・7時台を5つずつ。

これで毎日時間を設定する手間が省けます。

 

 

注意:

Wake me up at 7 am.

Set the alarm at 7 am.

などと言ってしまうと, 目覚ましがどんどん新設されちゃいます。

どんどん新設した結果, 設定できる目覚ましの上限はどれくらいあるんでしょうか。

 

 

1分おきに鳴ったとして60 x 24 = 1,440 alarms が理論上の限界ですよね。You have 1,061 alarms. とか言われたらどうしよ。

 

これもトリビアの種で誰か投稿してみてくださいなwww

(古い番組だけど, 番組がなくなって実に惜しい)

 

 

Alarms は  L と R の両方が入っている単語なのでちょっと発音がややこしいですが, Siriちゃんが聞けない単語は, 基本的に英語のネイティブさんには通じないものと思って頑張って練習してください。

 

 

 

文章で言いたいとき

Alarms? 1語でも目的は達成できますが, ちゃんとした文章で聞いてみる場合は・・・

 

-Alarms please?

-Can you show me the alarms?

-Do you have the alarms?

 

 

ひと仕事を終えたSiriちゃんには, 感謝の言葉を。

「ありがとう」にもバリエーションを。

 

Thank you.

Thanks.

Thank you very much.

Thank you so much.

Thanks a lot.

 

 

それに対する回答としては教科書通りの You’re welcome が返ってくることがありますが・・・

 

-You’re most certainly welcome. (そりゃそりゃどういたしまして)

-That’s nice of you to say. (いいこと言ってくれるねえ)

 

など実生活で使える表現が返ってきたり

 

 

-Your wish is my command. (あなたの願いが私の原動力です)

-Your satisfaction is all the thanks I need. (満足していただけたらそれだけで十分です)

-You don’t need to thank me. (ありがとうなんて, そんな)

-Just doing my job. (それが仕事なのよ)

-I aim to please. (人に喜んでもらいたいんです)

-It is I who should be thanking you. (こちらこそありがとう!)

 

みたいな実生活で使うと「お前だいじょうぶか??」的な表現が返ってくることも。実際に使うと「ご主人様-めしつかい」関係が如実に表れてしまいます。

 

毎回同じ紋切り型の回答が返ってくるのではなくて,

いろんなパターンが入っている点がおもしろいですね。 

 

ちなみに・・・

Thank you の代わりに Appreciate it! とかカッコつけて言った場合は・・・

 

-I’m not sure I understand.

 

と返されました。「ありがとう」の意味ではとってもらえませんでした。(かなしい)

 

日本語てきに「センキュー」と言った場合は

thank you または sync you のいずれかと認識されました。

誰もあなたと同期(sync) したくありませんからっ!!笑

 

 

つづく。

↓次の記事へ↓

↓Siri と英会話 目次↓


↓ブログトップへ↓


Google カスタム検索