dutcheez’s diary

通勤電車で英語の勉強をしよう!

アメリカでドライブ! 6:ガソリンの入れかた

15年くらい前であれば、

「アメリカってスッゲーんだぞ、自分でガソリンを入れるんだ!」

なーんて記事が書けますが 法整備もなされ、日本でのセルフ給油はごく当たり前のものとなりました

f:id:dutcheez:20160726221856j:plain

 

アメリカではガソリンが安く買えるので、ドライブを一層楽しくしてくれます。

日本より40円 / Lは安いんじゃないだろうか?

 

 

ガソリンを入れるときのポイント

治安が良さそうな場所や信頼できるブランドを選ぶ
(緊急の時 そんな余裕はないでしょうが)

あくまでも銃社会だということをお忘れなく。

 

日本であまり見ないブランドで有名どころといえば・・・

f:id:dutcheez:20160726222352j:plain  f:id:dutcheez:20160726222531j:plain  f:id:dutcheez:20160726222820p:plainf:id:dutcheez:20160726223623j:plain

f:id:dutcheez:20160828165021g:plain

 

治安が悪い町がほとんどないと思われる日本において こういった観点が抜けがちです

安いガソリンには安物買いの連中が集まります

 

 

 

クレジットカードの場合はスワイプして画面の表示の通りやれば良いのですが・・・

こないだクレジットカードで決済しようとしたとき

ENTER YOUR ZIP CODE

なんて表示が出まして・・・海外(日本) にZIP CODEなんて割り振られてないよなぁと困ってしまいました。

 

結局現金決済しました・・・

 

というわけで、 現金の場合

 

 

 

1. ポンプ上の番号をコンビニの店員に伝え、現金を渡す

下の絵で$40払うなら

40 dollars for pump 2, please.

このとき、特に品目は言わなくてもよい

f:id:dutcheez:20160724191723j:plain

 

2. 静電気除去シートはありません。あれは日本ならではの素晴らしい設備です。

3. 燃料油キャップを開け、ノズルを固定、品目ボタンを押して ぎゅっと握ればOKです。全く同じです

アメリカの場合、左からレギュラー、プラス、プレミアム(ハイオク) の3種類があります。

数字はオクタン価です。

f:id:dutcheez:20160724191713j:plain

推測ですが

85 と 91を足して2で割れば88になるので,

Plusっていうのは1:1の混ざりものでしょうか。

 

必要なら, わきに設置してあるスポンジとゴムで窓を拭きましょう

 

 

4. 給油後 コンビニに戻り, お釣りをもらいましょう

Could I have the change for pump 2?

 

ほぼ100%のケースで全額返してくれますが

店員がイヤだとか言ってきたら, おおらかな気持ちで 冗談を受け止めてあげましょう

 

「わかった, 1ドルくらいやるよ」All right, I'll give you a dollar.

「水買うから許して」I'll buy some water so I want my change back.

 

とかとか。会話を楽しんでください。

アメリカンジョークというやつです

 

 

 

せっかくアメリカの広大な土地を、安いガソリンで走るのだから

僕は迷わずハイオクにしました!

 

 

 図でいえば

ハイオク= $2.639 / ガロン なので, 69.8セント/ L

レギュラーは同じく63.4 セント / L

 

10ガロン(40 L弱)入るクルマであれば
レギュラーとハイオクの差額はたった$2.40 / 給油

そして
ハイオクでも1回の給油がたった$26.39

3,000円しないのね!!

(2016年8月現在) 

ぜひ試してみてください。

 

 

日本だと税金に消費税がかかっており 税金関係だけでも約60円/L。
40 Lでは 税金だけで2,400円かかっております。。

 

 

若者のクルマ離れを叫ぶ前に, クルマに乗りたくなる 税環境をつくってくださいなww

 

⇒次は何について書こうかなぁ⇒ 

(未掲載)

 

⇒アメリカでドライブ! 目次⇒ 

 

⇒⇒ ブログトップ ⇒⇒⇒⇒

Google カスタム検索