dutcheez’s diary

通勤電車で英語の勉強をしよう!

アメリカでドライブ!楽しさをご案内: 「国境をまたぐ」

日本にいると経験できない「国境またぎ」

 

アメリカ・カナダ間はクルマ、列車、バス、フェリーなど様々な方法で国境が跨げるほか, 徒歩でも渡ることができます。

 

 

カナダ-アメリカ間のワンウェイレンタルは不可能に近い, という話を以前書きました。Hertzのカウンターで聞いてみたらネットでは無理で,「事前予約は電話では受け付けてますよ」とのことでしたが・・・乗り捨て代がすごく高いです。お金に余裕のある方なら試してみてもいいかもしれませんね。

 

 

片方の国で借りて返し

公共交通機関 (バス, 列車, 飛行機)で国境を越え

もう片方の国でレンタカーを借りる・・・

 

計画をしてみましたが, 時間が限られる上 かなり難しいことが判明

 

理由は2つ。

 

1. 鉄道駅にレンタカー屋が無い

※大都市を除く

2. 国境をまたぐ陸上交通機関が限定的 

 

 

「**駅営業所」と書いてあっても, 「駅からタクシーに乗ってね」などと平気で書かれています。

 

レンタカーを借りるポイントは ほぼ空港に限られる
とお考えください。見つかったらラッキー

 

 

じゃあどうやって渡るんだ!

 

 

鉄道 <AmtrakとVIA Rail>

1日1往復しか列車が走っていない・運行する日が無いこともある など

時間がかなり限られます・・・選択肢は次の3通りです。

カナダからアメリカへ向かう列車に乗るときは, 発車時刻の1時間前には駅に着いて手続きしていることが必要など, Amtrakのサイトで紹介されています 

 

トロントバッファロー〜ニューヨーク *1日1便

Toronto - Buffalo - Syracuse - Albany - NY Penn

トロントバッファロー間は車で行けば2時間程度の距離ですが, 列車だと4時間。

トロント-ニューヨーク市は飛行機で2時間弱ですが, 列車だと13時間程度。いくら眠らない街とはいえ, ニューヨークに晩10時に着いたところで運転する気が起きません。笑

 

https://www.amtrak.com/ccurl/946/802/Maple-Leaf-Schedule-071416.pdf

 

*画像を「新しいタブで開く」と時刻表が表示されます
(Amtrak のウェブサイトを表示)

 

モントリオール〜ニューヨーク  *1日1便

Montreal - Albany - NY Penn

あまり知られた町がルート上にありません。途中駅から空港までタクシーに乗ることができればレンタカー屋さんにありつけるかも?

屈指の景観が有名なのだそうです。一度乗ってみたいかも。

冬季五輪の開催地に2回選ばれている Lake Placid はこの沿線からバスが出ているとのこと 

 

https://www.amtrak.com/ccurl/3/904/Adirondack-Schedule-011116,0.pdf

 

バンクーバー〜シアトル *列車 1日2便 / バス4便

Vancouver BC - Seattle - Eugene OR

こちらは比較的レンタカー屋さんを見つけやすいとおもわれます。

Vancouver - Pacific Central駅構内 / Seattle側もライトレールで数駅乗れば営業所があるようで。

 

バス・列車含め運転頻度も高いため公共交通機関での国境越えが比較的ラクです。

 

https://www.amtrak.com/ccurl/394/275/Amtrak-Cascades-Schedule-022016,0.pdf

 

以上はAmtrak系の列車とバスの紹介でしたが, 他にもバスはあると思いますので探してみてください。GreyhoundとかMegabusってのがあるようです

 

 

 

徒歩

国境は歩いても渡れるんですね!これがその国境線です。

f:id:dutcheez:20160828160139j:plain

f:id:dutcheez:20160828160154j:plain

 

f:id:dutcheez:20160828155239j:plain

 

アメリカの出国については回転ドアがあるのみ。監視カメラで見張っているだけです。

入る時はめっちゃ厳しいですが,

出る時はゆるい感じ。空港でアメリカを出国する場合と同じです。

 

書いてあるのは英語、スペイン語、中国語、韓国語。

中国はわかりますが, 次点は韓国なのです。

かつてはPanasonicSONY だったホテル客室のテレビが, 今やLGですからね

 

日本にも存在感を出して欲しい・・・90年代にみられたアメリカにおける日本の存在感は最近かなり影をひそめました。

 

何か僕にできることはないかなぁ。

アメリカはとってもいい国だよ!

・・・とか思って ブログを書き綴っていますけど

 

国境を渡ればレンタカー屋・・・は無かった

 

f:id:dutcheez:20160828161544j:plain

 

この看板の下にタクシーが居座っていましたよ

 

「乗るか?」

 

10メートルも先から勧誘しないでよねwwwwww

 

 

 

●入国審査官に聞かれる文言は次の通り

カナダ→アメリカ

・クルマに乗っている人数

・入国目的

・滞在日数

・アメリカの通貨を持っているか(ESTAじゃないので別途入国費用が必要, 僕の場合は$6.00 でした)

(再入国の場合は聞かれないこともあるでしょう)

・カナダのナンバープレートの場合, どこの国境からカナダへ再入国する予定か

 

 アメリカ→カナダ

・クルマに乗っている人数

・入国目的(これからどこへ向かうのか)

・滞在日数

・職業

 

なぜかカナダの入国には「職業」を答える必要があるんですよね

カナダ版のESTAであるeTAってやつにも「職業」を書く欄があります。

どこの会社で何をしているのか

なんでこんなものが知りたいんだろう・・・

 

f:id:dutcheez:20151007232442p:plain

 「周囲をカナダと海に囲まれてしまったアメリカ」ポイント・ロバーツ

 

ここからカナダに入国した際も, 同乗者全員の職業を聞かれました。

 

何かの規則があるのでしょうね!

 

次は 中西部の魅力について!

 

 

⇒アメリカでドライブ! 目次⇒ 

 

⇒⇒ ブログトップ ⇒⇒⇒⇒

 

Google カスタム検索