dutcheez’s diary

通勤電車で英語の勉強をしよう!

Google カスタム検索

考察:「プレミアムフライデー」と「働き方改革」(1/4)

プレミアムフライデー」と「働き方改革」    

 

2/24 3/31 4/28

そして昨日, 5月26日。月末ともまだ思えないこの日がプレミアムフライデー

 

f:id:dutcheez:20170527190816j:plain

3時に帰るのを国が推奨するんだっけ。

 

・「働き方改革」というお花畑な旗印 中途半端やねん

・削っても削っても増え続ける業務、何がプレミアムだよー 人を増やしてくれよ

 

などなど東西問わず聞こえて来そうなサラリーマンの怒りの声。

 

プレミアムフライデーは早速失敗に終わりました。プププ

 

と書きたがるライター。批判によって収益を上げたいマスコミ。

 

 

 そりゃそうだよ

月初・月末は それなりの忙しさがあるんだから。すぐにはうまくいくわけない。

 

この記事は

批判はいったん置いておこう!

ひとりひとりが働き方改革をしてますか?

 

と問いかけてみる記事です。ここは英語関係のブログだけど 今回英語はあまり出てきません。

 

 

 

学生さん向けに書いておくと, 曜日や1ヶ月の感覚・類型はこんな感じです。

 

曜日感覚

月曜日

・外出が少なく会議が多い(先週・先月何しましたー今週・今月これします)

・みんなオフィスにいるので昼ごはん屋さんが通常以上に混み混み

・ホテル・飲み屋が比較的空いている

 

水曜〜木曜:出張サラリーマンが多い。積極的な値段設定をするホテルが増加。

ホテルの書き入れ時は水・木・土なんじゃないかと思っている。

金曜日:走り回る営業マンが増えるので道が激混み。終業後は方面関係なく特急が混む。いなかに向かう人 出張から帰る人 さまざま。間違いなく金曜日だけ異様なこみぐあい。

 

ホテルについてはまた別の機会に書いてみようかな

 

宿泊数・飲み屋を潤わせるなら月曜を選びたい。
しかし月曜はハッピーマンデーな祝日が多い。

 

火曜・水曜・木曜は選びにくい。よって全国統一の方針を打ち出すなら金曜日とするしかない

 

ってことでフライデーは合理的ですね!

フライデー。

・ドイツ語でFreitag (自由な: frei 日: Tag)

・日本語では はなきん(花金/華金)というし

・英語ではTGIF(Thank God, It's Fridayの略)というなど

 

金曜日に関する表現は多彩。

 

「月に1回はプレミアムフライデーを設定し 企業側が選んでください」

 

とすると, 受け入れ側(飲み屋・ホテル)の人員確保が大変。

ルールを作る側の理屈としてはどれかの週に定めねば。

 

じゃあ1ヶ月のうちどの週が最適か・・・

 

次は月末:金銭を扱う職業の債権と債務の戦い 

 

プレミアムフライデー」と「働き方改革」