dutcheez’s diary

通勤電車で英語の勉強をしよう!

Google カスタム検索

アメリカでドライブ! Natchez Trace Parkway / ナッチェズトレース・パークウェイ

またまた始まります, 延々と続くパークウェイ。

 

f:id:dutcheez:20180512200731p:plain

今度はNatchez Trace Parkway と呼ばれる全長444 マイル (710 km)の道路です。

 

テネシーの州都ナッシュビルの近郊からミシシッピ川のほとり, ナッチェズまで。延々と続きますが, 今回は山道ではないので快走路です。制限速度は50マイル, 80 km/hと少し早め。みなさんは57 mphくらいのスピードで走られていました。

Blue Ridge Parkwayと同じく, National Park Serviceにより管理される余暇専用道路(商用車やトラックは進入禁止)です。町が近いところを走るので警察の姿もちらほら。こちらはBlue Ridge と同じように スピードは自己責任, とはいきません。

 

僕が実際に通ったルートはこちらです。

アラバマ州に入るところまでは高速道路を使って 少しでも時間を短縮しようと心がけました。効果的だったかどうかはわかりませんが,道中にバーボン🥃の蒸留所がある町(テネシー南部)や,ヘレンケラーの生まれた町(アラバマ北部)がありました。

 

Natchez Traceにも宿泊施設やガソリンスタンドはなく, お手洗いが限定的なのも同様でした。

f:id:dutcheez:20180512200418p:plain

↑アメリカのこの辺です↑

 

f:id:dutcheez:20180512200314p:plain

 

この道路は南から北へマイルポストの数が増えていきます。南,ミシシッピ州のNatchezが起点, アラバマを通ってテネシー州のNashvilleが終点です。僕がこの道に乗ったのはアラバマ州内の320マイルポスト付近から起点まで。

f:id:dutcheez:20180512201546p:plain

そして数百キロの間, ずっと, ず〜っと まっすぐで, こんな感じです。並木道。

この並木道がミシシッピ州の北東から南西へ ナナメにざっくりと横断しています。

 

クルーズを50 mph少々にセットすると 追いつかれることもなく 追いつくこともない。40分以上, 1時間近く? ほとんどハンドルを切らず定速走行をしたのはこれが初めてでした。

f:id:dutcheez:20180513084432p:image

過去30マイルの間,燃費マックスを持続…

40 mpg とは17 km/Lに相当します。

f:id:dutcheez:20180513084745j:image

Siriさんによる華麗な単位換算

 

実際には平均45 mpgとか書いていたので約19 km/Lです。SUVとしては上出来と思います。

 

それはそれですごい経験。なかなかできないと思います。

 

 

 

 

左腕に風を感じながら 急がず, 太陽を浴びながら。ああ, なんて幸せなんだろう・・・・・・・ほんと。そう思える素晴らしい場所でした。

 

f:id:dutcheez:20180513085130j:image 

 

快走路ということで,ケーサツもいました。地元の保安官ではなくて,国立公園管轄の警察というかんじ。張ってる手前でパッシングするのは,国が違えど同じなのですね。

 

f:id:dutcheez:20180513085233j:image

史跡ひとつひとつに駐車場があって,解説がなされている

 

 

野生の動物が横断することはあまりなかったですが, カメが道路の真ん中をのっそのっそと歩いていたのが印象的。僕は減速して回避しました。あのカメ, ちゃんと道渡れたかな・・・・

 

 

f:id:dutcheez:20180513085420j:image

Natchezという町ではミシシッピ川の船運や鉄道を使って,奴隷取引されていた過去が。

 

 

アメリカ南部の奴隷制度のドロドロとした歴史について,解説されていました。ニューヨークやボストンといった奴隷制度のない平和な北部の町からも,拉致されて南部へ送り込まれていたこともあったとか。現在の平和な世の中に感謝です。

 

強制労働。日米問わず,「整備済のインフラ」という形で残っています。。

 

 

 

南部のアクセント

聞き取れない単語が徐々に増えていきました。

ファストフードの店員にしても, そして宿のフロントの人にしても。

 

 

お金を手渡す際, 日本では現金トレイが使われるのが一般的ですが アメリカにはそんなトレイは存在しません。なので台の上に直接小銭置いたりしてたのですが, 

 

おカネは手渡してくれなきゃダメよー

You gotta give it to my hand. (南部訛り)

なんて叱られたの初めてでした

 

言われてみればそうか・・・

現金トレイの上に小銭を並べて数えやすくするっていうのは日本文化????

 

それまで全く気にしたことがありませんでした・・・

今度別の国にいったときによーく観察してみようっと。。

 

日本の製造業

ミシシッピの州都Jackson まで行けばきっと宿は高いだろう・・・ちょっと郊外で少し安く, かつNatchez Traceから近いところに泊まろう・・そう考えて適当にCantonという町を選んで泊まりました。適当に選んだのに・・・

 

f:id:dutcheez:20180513091045p:plain

出てきたのがこの表示。

Nissan Pkwy ニッサン パークウェイ

まじか・・どっかに工場でもあるのかな・・・

 

あった。むっちゃでかいのが。

f:id:dutcheez:20180513091437p:plain

 

内陸部において日本の製造業から逃れることは難しいようです。。大消費地東海岸にあり, かつ安定的に水が手に入る点がうけるのでしょうかね。

ちなみにニッサンで働くことの素晴らしさを説いたラジオ広告はありませんでした。

 

 

^^ 北:Mammoth Cave National Park / マンモス・ケーブ国立公園

 

77 北東:Tennessee - Kentucky Border テネシーケンタッキー州

 VV 南:Crazy Drivers of Louisiana / なんでもありな ルイジアナ州

 アメリカでドライブ! 目次