dutcheez’s diary

英語を楽しく学ぼう!

Google カスタム検索

18-9 英語にまつわるおもしろ看板4つ。

ここ半年くらい撮りためた 笑いがこみあげてくる英語表示を4つ集めました。

ちゃんと直してあげてね。

 

1. 自販機「僕のことを忘れないで〜」

 

f:id:dutcheez:20180517140834j:image

 

Don’t forget about your change. 

と書かれていますが,これだと,

「お釣りのことを忘れてあげないで」

 

一目見て笑ってしまったので,自動販売機の写真を撮る変人になりました。前置詞ひとつで意味ががらりと変わる,良い例です。

 

インターネットなき時代の「今生の別れ」 においてはDon't forget about me 僕のことを忘れないで と表現することもあったでしょう・・・

 

 

 

about が要らなくて

 

Don’t forget your change. 

とするか, 否定を使わずに表現すると

Your change is at the bottom. 

 

これでOKかと。

 

Insert the money.  

 

the は要らないです。意味がぼけます。

Insert bill / coins  でしょうか。 / のかわりに&を使ってもいいかもしれません。

 

insert money という言い方をあまり目にしないのはなぜでしょうか・・・。

Insert cash とも言わない気がします。

 

Insert coins はそこら中で見かけます(アメリカはクオーター(25 ¢硬貨) がないと生きていけないから)

 

 

 

2. タクシーでていけ

 

f:id:dutcheez:20180517142025j:image

 

Taxi (Get out)

タクシー (でていけ)

 

京都駅八条口(新幹線口)でみかけたこの看板。 

国際都市の玄関口なんやからさあ,ちゃんとしよや!

失笑通り越して怒りがこみあげてきましたので 写真におさめました。

 

Taxi Drop Off Area

Taxi Offboard Only

 

なんとでも表現できますが「タクシー(でていけ) Taxi (Get out)」は即刻改めていただきたいです。

これから楽しい観光が待っている・・・はずの玄関口にはふさわしくありません。

日本の有名都市で使われた表現は役所的に「前例」として扱われ, さらに田舎の都市へと波及していきます。誤った表現を前例として波及させないでね。

 

 

 

 

3. 恐竜を家に持ち帰らないでください

f:id:dutcheez:20180527114909j:image

 

Please refrain from taking dinosaurs home. 

思わず写真を撮ってしまう「恐竜を家に持ち帰らないで」

 

 

 

ここのホテル, 僕の愛用している場所ですが 近くに恐竜のおもちゃがあって, それを投票してもらって朝食のアンケート代わりに使っているのですが, そこの表示だけ持ってきて, 朝食会場の紅茶にも適用。

 

日本語ではごく普通ですが、英語に恐竜が入っていることに気づいているのかいないのか笑 このホテル, 愛用している場所ならば指摘してあげてもいいのですが 朝の笑いがひとつ減ってしまうので指摘はしていません。少なくとも3年くらいこの状態です。。。 

 

サバの塩焼きを朝食で出すホテルが随分と減りましたが

ここのホテルの塩焼きはGood. ごはんの上に乗せて食べるのが僕流。原価が高いからか, サバの塩焼きだけは朝食時間終盤で売切れ, 再びお皿に盛られることはありません。

 

 

Please do not take the tea bags out. 

For breakfast use only.

Not for take out.

こんな感じでいいんじゃないかな

 

 

4. ご連絡ください(連絡してこなくていいよ)

f:id:dutcheez:20180520110103j:image

 

お花見客へ

ご連絡ください

To Hanami visitors,

Please call us.

 

…電話番号は⁇

電話して欲しくないなら「ご連絡ください」なんて書かない方がかっこいいです。オトナの事情で書かないといけないのかもしれません。「電話番号は勝手に検索してね(かけてこなくていいよ)」なるほど,仕事を増やさないための業務改革ですな。

 

 

 

またいろいろと見つけたら写真に撮ってみまーす。

英語のメニューとか看板とか 作っている方がもしいらっしゃいましたら,

十分に気をつけてくださいね!